サクラカフェの輸入ビール飲み放題が宅飲みより安い件【追記あり】

「やっぱり宅飲みが一番安いよね」

 

僕もそう思っていました。

が。

 

ビールに関しては宅飲みより安いお店、見つけちゃいました

輸入ビール、特に東南アジアのビールが好きな方は、この店知らないと人生損します。

マジで。

※この記事は10/31時点でのサービスです。現在はサービス内容が変更になっている模様です。

 

サクラカフェとは

その飲み放題を見つけたのは、池袋にあるサクラカフェ

↑画像は公式サイトより。

テラス席が印象的なお店です。

 

外国人向けのゲストハウスが併設されたこのお店では、世界の料理&お酒というグローバルなメニューを楽しむことができちゃいます。

実はチェーン店であり、都内では池袋のほかに、幡ヶ谷、神保町、日暮里と、都内4か所に点在。

 

もしかしたら、あなたも目にしたことがあるかもしれませんね。

 

棚一面のビールを、好きなだけ!

今回紹介する飲み放題、1人90分1,500円で、世界の瓶ビール&カクテルなどが飲み放題になるものなのですが……

 

この飲み放題がどれくらい豪快なのか、ビジュアルで見ていただいたほうが分かりやすいので写真を載せます。

 

どどん。

 

この棚、全部飲み放題です。

しかも、ビンです。

ビンは缶より値段が張る傾向があるものの、味が安定しやすくおいしいんですよね。

 

飲んべえの僕としては、この時点ですでに魅力的なのですが……

落ち着いて、銘柄を見ていくことにしましょう。

 

「銘柄に興味はねえ! どれくらいコスパがいいのか見せろ!」という方はココまで飛んでください。

 

「ブルームーン」も「シンハー」も! 人気銘柄飲み放題!

やっぱりレビューは書きたくなっちゃいます。

というわけで僕がサクラカフェで飲んだ銘柄をレビュー付きでご紹介。

飲んだ印象を★の数で表してみましたので、参考にしてくださいね!

 

象のような?どっしり感「チャーン」(タイ)

苦み★★★☆☆ 味の濃さ★★★★☆ 飲みやすさ★★☆☆☆

象さんのラベルが印象的なタイビール。

タイビールというと「シンハー」のイメージが強い方も多いかもしれませんが、現地での消費量はこちらが上なんだとか。

お味は「シンハー」とは違って思いのほか重め

「チャーン」は、麦の風味が強く、ビールらしいビールでした。

 

オレンジ薫るオシャレな1本「ブルームーン」(アメリカ)

苦み★☆☆☆☆ 味の濃さ★★★☆☆ 飲みやすさ★★★★★

オレンジピールを使った、アメリカンクラフトビール。

ホワイトエール、いわゆる白ビールと呼ばれるもの(のひとつ)で、飲み口の軽さが特徴です。

そこにオレンジピールの風味が加わっていることで、カワイイ苦みと淡い甘みで、ここ最近話題沸騰中。

オレンジスライスを挟んで飲むという方も多く女子向けな銘柄ですね。

 

苦みはあるのに飲みやすい!「サン・ミゲール」(フィリピン)

苦み★★☆☆☆ 味の濃さ★★★☆☆ 飲みやすさ★★★★★

フィリピンはマニラ発祥、アジアでは絶大な人気を誇るビール。

この「サン・ミゲール」は飲みやすさに定評があり、まさに水みたいにゴクゴクいけます。

その飲みやすさの理由は、イヤな苦みがまるでないから。

とはいえ必要最低限の苦みはありますから、飲んだ際の満足感もあります

人気のほどがうかがえる味でした。

 

さっぱりした薄味「バーバーバー」(ベトナム)

苦み★★☆☆☆ 味の濃さ★★☆☆☆ 飲みやすさ★★★★☆

「333」と書いて「バーバーバー」。

ベトナム人は、「バーバー」と呼ぶらしいですが、日本では「バーバーバー」と呼ばれることが多いですね。

全体的に薄めのさっぱりした味で、苦み大好きのラガー党にはちょっと不満かもしれません。

普段あまりビールを飲まないという方に向いたお酒でしょう。

 

迷ったらこれ、安心の旨さ「ハイネケン」(オランダ)

苦み★★★☆☆ 味の濃さ★★☆☆☆ 飲みやすさ★★★★☆

オランダの世界的ビール。

チャンピオンズリーグのスポンサーで、欧州サッカー好きにはおなじみのビーだと思います。

「ハイネケン」の魅力は、ちょうどよい苦み、味の濃さ

日本のビールよりはスッキリしているでしょうか。

これといった特徴があるわけではないのですが、“ハズレがない”と言えるでしょう。

 

バリ島でおなじみの軽い飲み口「ビンタン」(インドネシア)

苦み★★☆☆☆ 味の濃さ★☆☆☆☆ 飲みやすさ★★★★★

インドネシアのメジャービール、「ビンタン」。

バリに観光に行くと口にすることも多いこの銘柄、知っている方も多いでしょう。

東南アジア系ビールによくあるさっぱり感が印象的で、先に紹介した「バーバーバー」にも通じるものがあります。

個人的には「バーバーバー」より「ビンタン」のほうがより一層薄味に感じました。

人によっては「発泡酒かな?」と思うこともあるかもしれません。それくらい軽い飲み口です。

 

ド王道の味「レーベンブロイ」(ドイツ)

苦み★★★★☆ 味の濃さ★★★★☆ 飲みやすさ★★★☆☆

超有名なドイツビール。

麦、ホップ、水のみで作られたその味は、深い苦みとコク、スカッとした後味が特徴

まさにビール好きのためのビールです

ただ……日本で出回っているのはアサヒビールのライセンス生産品。

もちろん原料や工法はドイツ・ミュンヘンで作られているものと同等なのですが、やっぱり現地生産品が飲みたいですよね(笑)

 

味と飲みやすさを両立「シンハー」(タイ)

苦み★★★☆☆ 味の濃さ★★☆☆☆ 飲みやすさ★★★★☆

タイビールとしては、日本でもっとも有名であろう銘柄。

先にあげた「チャーン」とは違って、後味が軽くなっています。

それでもビールらしい苦みや味わいはキープしつつなので、親しみやすい味のビールでしょう。

「バーバーバー」や「ビンタン」では軽すぎる!という方にはよいかもしれませんね。

 

日光のような爽快感!「ソル」(メキシコ)

苦み★★☆☆☆ 味の濃さ★☆☆☆☆ 飲みやすさ★★★★★

スペイン語で、太陽の名を持つメキシカンビール。

超有名な銘柄である「コロナ」にも似た味で、やはりさわやかさが特徴です。

僕はビンのままで飲みましたが、ライムを入れてもよさそうに思いました。

主張が激しくないので、どのような料理にでも合いそうです。

 

アジアビールの王様「タイガー」(シンガポール)

苦み★★★☆☆ 味の濃さ★★★☆☆ 飲みやすさ★★★★☆

シンガポールといえばこれ、というレベルに名高いビール。

苦みあり、甘味あり、爽快感ありとアジア圏のビールでも指折りのバランスの良さ!

キンキンに冷やしてごくごくいただきたくなる、王道な味です。

アジアビールながら世界的なブランドを誇るのも、うなずけますね。

 

さわやかさのなかに麦の味「ドレハー」(イタリア)

苦み★★☆☆☆ 味の濃さ★☆☆☆☆ 飲みやすさ★★★★☆

爽快さがウリのイタリアビール。

すっきりした飲み口のなかに、麦の味を感じることができます。

「麦の味は欲しいけれど、苦すぎるのはちょっと……」という方にはよい1本になるでしょう。

でも、もしあなたが深い味わいを求めるのなら、ちょっと物足りないかもしれません。

 

スカッとしたいときに「テカテ」(メキシコ)

苦み★☆☆☆☆ 味の濃さ★☆☆☆☆ 飲みやすさ★★★★★

上で紹介した「ソル」と同じく、超爽快なメキシカンビール

味は、爽快さにステータスを全部りしたかのよう。

苦み、味の濃さ、香り、どれも控えめで、ゴクリと飲みたいならとりあえずこれを選んでいいでしょう。

もちろんライムも合いますよ!

 

他にも有名銘柄ズラリ。

飲み放題メニューは、上で紹介した銘柄にとどまりません

「ギネス」「カールスバーグ」「バドワイザー」「コロナ」、そして「モルツ」「プレミアムモルツ」「アサヒスーパードライ」

さらにはカクテルなども含まれています。

ビール以外のメニューは、公式のパンフレットを確認してくださいね。

 

※レビュー未記載の銘柄については、後日レビューを足していきます!

 

【検証】サクラカフェの飲み放題はどれくらいお得なのか?

さて、この飲み放題はどれくらいお得なのか検証していきます。

 

僕がお邪魔したときは、スタートから90分後のラストオーダーまでに、2人あわせて12本を平らげました。

飲み放題の料金は、1500円×2人=3,000円。

1本あたりのお値段は、3,000円÷12本=250円ということになります。

 

価格を比較すべく、飲み放題対象銘柄を、楽天で調べてみました

(すべて税込、1本単位で販売しているものの最安値、2017/10/30現在)

 

「チャーン」 236円

「ブルームーン」 324円

「サン・ミゲール」 287円

「バーバーバー」 311円

「ハイネケン」 243円

「ビンタン」 259円

「レーベンブロイ」 190円

「シンハー」 259円

「ソル」 273円

「タイガー」 270円

「ドレハー」 181円

「テカテ」 255円

「ギネス」 267円

「カールスバーグ」 216円

「バドワイザー」 220円

「コロナ」 223円

「モルツ」中瓶 268円(12本セットの価格から換算)

「プレミアムモルツ」中瓶 269円(12本セットの価格から換算)

「アサヒスーパードライ」中瓶 251円

 

 

これの平均価格は252.7円。

そう、1人6本飲めば、サクラカフェの飲み放題は楽天の最安値より安くなっちゃうのです。

もちろん送料は計算に入れていませんから、お得感はもっと大きいです。

 

「90分で6本も飲めるの?」と言われるかもしれません。

でも、モルツ、プレミアムモルツ、アサヒスーパードライ以外は350ml、銘柄によってはそれ以下の容量の小瓶です。

レビューで示した通り、飲みやすいビールが多くラインナップされた飲み放題なので、お酒に弱い方でなければ90分で6本は飲めてしまうと思います。

 

 

サクラカフェの飲み放題のすごさに気づいてもらえたところで、最後ひとつだけ注意を。

1,500円での飲み放題は平日のみです。

休日は2,000円になってしまいますが、飲める銘柄が広がります。

(2,000円でも十分なコスパですが…!)

 

たっぷり飲んで日頃のうっぷんを晴らしましょう!

(飲みすぎには注意!)

 

【悲報】飲み放題が2300円になりました……

(2017.11.07追記)

昨晩サクラカフェを利用したら、飲み放題が2300円になっていました……。

それでも十分安いのだけれど、サクラカフェさん、また1500円で飲ませてください!

アツいレビュー、たくさん書きますから!!!

 

【飲み放題サービス概要】

飲み放題2300円/1人90分。別途フードオーダーが必要。

ビールのほか、シードル、日本酒、ワイン、カクテル、ソフトドリンクが飲み放題。

飲み放題1,500円/1人 別途フードワンオーダーが必要。

1,500円での実施は平日のみ。

土日休日は2,000円となり、シードル、スミノフ、ZIMAなども飲み放題。

【店舗概要】

サクラカフェ&レストラン 池袋

東京都豊島区池袋2丁目39 池袋2−39−10

電話番号: 03-5391-2330

営業時間:24時間営業


個人スポンサーリンク
▼海外に興味がある方はコチラ▼
▼自転車に興味がある方はコチラ▼