文章術

「が」と「は」の役割&違いは?使い分けも解説!【編集者が教える3分日本語教室】

「が」「は」の使い分け

どーも、はたけのです。

 

こちらの記事は「編集者が教える1分日本語教室」の第1弾。

日本人が意外に知らない、日本語の基礎技術を3分読了サイズで紹介していくコーナーです。

今回は、主語の後ろについて名詞や形容詞、動詞を導く助詞「が」「は」の違いについて説明します。

 

  • あのパン”は”おいしい
  • あのパン”が”おいしい

 

この2つの違いが分かりますか?

記事を読んだあとは、この「が」や「は」の文中での役割と、両者の意味の違い、使い分け方をサクッと説明できるようになりますよ。

 

「が」「は」の使い方を間違えるとこうなる

突然ですが、下記の文章を読んでみてください。

 

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんは住んでいました。

おじいさんが山へしばかりに、おばあさんが川へせんたくに行きました。

おばあさんは川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃は流れてきました。

 

誰もが知っている昔話「桃太郎」の書き出しですが……

なにかおかしくないですか?

 

上の文章では、「が」「は」を意図的に間違えて使っています。

一文だけでは小さな違いに見えるかもしれませんが、連続した文章にしてみるとかなり大きな違和感を生んでしまう1文字なのです。

 

「が」「は」の正体は?文中での役割を知ろう

感覚的に、「が」「は」がどれほど大切かお判りいただけたと思います。

では、この「が」「は」の正体、文中での役割からまずは説明していきましょう。

 

さきほどの導入部分で、サクッと『「が」や「は」は助詞である』と述べてしまいました。

少し遅れましたが、ここで助詞とはなにかという説明を先にしておきましょう。

 

日本語における助詞とは?

  1. 品詞(単語の種類)のひとつ
  2. 単独で意味をなさない
  3. 活用(語尾の形が変化)しない

以上の要件を満たしたものが助詞です。

「が」「は」については、①と②は読んで字のごとくだとして、一応、③については解説しておきます。

日本語の活用なんて、真剣に考えた人なんてなかなかいないでしょうからね。

 

日本語の活用の例

「勝つ」という動詞を例にしてみました。

 

動詞「勝つ」の活用

  • 基本形:勝つ
  • 未然形:勝(ねば)、勝(う)
  • 連用形:勝(ます)、勝っ(た)
  • 終止形:勝
  • 連体形:勝(こと)
  • 連用形:勝(ば)
  • 命令形:勝

これ、太字部分が「たちつてと」になっているのがわかるでしょうか。

母音に基づいて五段に変化するこの活用を「五段活用」と呼んでいます。

とまあそんな用語の解説はおいておいて、日本語の活用についてなんとなくでも理解しておきましょう。

 

本筋に話を戻しまして。

「が」や「は」は活用しませんね。(そもそも活用する語尾がありませんw)

 

「が」「は」は格助詞と呼ばれる

以上で、「が」「は」が助詞であることは説明できました。

が、助詞にはたくさんの種類がありまして、格助詞、副助詞、係助詞、接続助詞、終助詞……など、、、もっとあります。

(日本語の難しさは、助詞によってもたらされているといっても過言ではありません)

 

これら個々の意味は置いておくとしまして、今回説明する「が」「は」は格助詞にあたります。

この格助詞はたくさんの役割を持っているのですが、今回は1つの役割に限って説明しましょう。

 

今回説明する格助詞の役割

  • 動詞や形容詞につながって動作や状態の主体(主語)を表す

例:私行く、水冷たい、など

「私は行く」なら、「行く」という動作と主体の「私」を接続し、「水が冷たい」なら、「冷たい」という状態と主体の「水」をつなげています。

 

さて、カンの良い方なら気づかれるでしょうが、この「が」「は」は別の格助詞に置き換えることができます。

「が」や「は」以外にもたくさんの格助詞があるのです。

 

たとえば、「私”も”行く」。

あるいは、「私”の”行く場所」というような形で使えば、「の」も格助詞として使えますね。

ニュアンスの違いはあれど、上に挙げた格助詞たちは、いずれも「私」という主格(主語)を、「行く」という動詞に接続しているのは同じです。

 

「が」「は」の違いは、”限定”をするかしないか

格助詞についての説明が終わったところで、ようやく核心です。

 

「が」「は」が持つ違いは、ズバリ、「”限定”をしているかしていないか」にあります。

 

例を出してみましょう。

記事の冒頭に出した、

  • あのパン”は”おいしい
  • あのパン”が”おいしい

の2文。

 

この両者の違いを視覚的に説明します。

 

パンがおいしい

まず、「あのパン”が”おいしい」の場合。

この文章の背景には「あのパン」以外のパンは存在しません。

この一文は、とにかく「あのパンがおいしい」ということを表現するためだけにつくられたものなのです。

 

さて、「が」が「は」にかわると……

パンはおいしい

「あのパン”は”おいしい」という表現では、おいしいパンがある裏に「別においしくない存在」が隠れています。

つまり、「パンはたくさんあるけれど……おいしいパンはこれだ!」と限定しているのです。

 

たとえば、パンを好きではない人が「あのパンはおいしい」と言ったら、

パンは基本的に嫌いだからおいしいとは思わないけど、あのパン”だけ”はおいしい!

という意味にとらえられますよね。

 

「が」「は」の違いを認識して使い分けよう!

最後に、「が」「は」の使い分け方を解説して結びにしましょう。

またあの文章が登場します。

 

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさん住んでいました。

おじいさん山へしばかりに、おばあさん川へせんたくに行きました。

おばあさん川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃流れてきました。

「が」「は」を強調しつつ正しい表現に直してみました。

ここには「が」「は」の使い分けのキホンが3つ隠れています。

 

「が」「は」の使い分けのキホン

  1. 文中で初出の名詞には「が」を使う
  2. 既出の名詞について、新たな事実を説明する場合には「は」を使う
  3. 既出の名詞について、既出の事実を繰り返す場合は「が」を使う

 

ひとつひとつ例をもとに説明してみましょう。

おじいさんとおばあさん住んでいました。

↑最初の一文であり、おじいさんおばあさんともに初出なので、「が」(コツ①)

 

おじいさん山へしばかりに、おばあさん川へせんたくに行きました。

↑おじいさんおばあさんはもう登場しているが、新事実が語られているので「は」。(コツ②)

 

おばあさん川でせんたくをしていると

↑既出の事実なので「が」。(コツ③)

 

大きな桃流れてきました。

↑大きな桃は初出の名詞なので「が」。(コツ①)

 

とまあ、こんな具合です。

 

なぜこんな3つのコツだけでどうにかなるのかというと

  1. 文中で初出の名詞には「が」を使う

↑初めて出てきたモノに対しては、事前の文脈が存在しない。そのため「が」を使う。

  1. 既出の名詞について、新たな事実を説明する場合には「は」を使う

↑新事実の説明なので、「は」を使って名詞を限定し、強調。

  1. 既出の名詞について、既出の事実を繰り返す場合は「が」を使う

↑既に分かっている事実なので、改めて「は」を使い限定して説明する必要がない。

というところですね。

 

この「が」「は」について、日本人のあなたなら、あまり意識して使い分けたことはないかもしれません。

でも、これほど大きな違いを文章にもたらしてしまうわけですから、用法に困ったときにはこの記事に書いた、基本に立ち返ってみてくださいね。

 


個人スポンサーリンク
▼海外に興味がある方はコチラ▼
▼自転車に興味がある方はコチラ▼