レビュー

【2018年最新版】iPad Pro とSurfaceどっちがいい?用途別比較ベストバイ【Surface Goも登場】

ipadプロとSurface

最近、こんな書き込みをTwitterでよく見かけます。

 

 

iPad Proと比較するとなると、最も競合する端末は、MicrosoftのSurfaceシリーズでしょう。

タブレット型の端末本体に、薄型のキーボード。重さや大きさも含め、その形状は酷似しています。

その一方で、両者には大きな違いがあるのを知っているでしょうか。

両方の機種を使ったことのある筆者が、その違いを比較し用途別のおすすめ端末を判定していきます。

 

10.5インチ iPad Pro10.5インチのiPad Pro。やっぱりAppleの端末はスタイリッシュですね

 

Surface Pro。ストレージを1TBまで拡張できるなど、カスタマイズの幅が広い

 

 

SurfaceとiPad Proのソフト面の違い

最初に書いてしまいますが、iPad Pro とSurfaceのソフト面の違いはOSの差に集約されます。

 

どういうことかというと、これはそのままブレット向けのOSを積んでいるのかPC向けのものを積んでいるのかの違いがあるという話です。

OSとは?

オペレーティングシステムの略。

コンピュータを動かす、基本となるプログラムのこと。

そもそもOSがないとコンピュータは動かない。

PCはもちろん、スマホなど、あらゆるコンピュータにはOSがインストールされている。

WindowsやMac OS、iOSやAndroid OSなどがある。

 

これは端末の基礎的な部分の違いでもあるので、使用感には大きくかかわってきます。

以下に詳しく書いていきます。

 

iPad ProとSurfaceのOSの違いについて

iPad ProはOSとして、iOSを搭載しています。

そう、MacOS(Macのパソコンに標準搭載されているOS)じゃないんです。

スマホなんかに搭載されているのと同じOSなんですね。

だから、iPad Proは、ソフト面ではあくまでタブレットなわけです。

 

一方、SurfaceシリーズはWindows10を搭載。

これはWindowsのPCすべてに搭載されているPC向けOSです。

 

「PCっぽいタブレット」であるiPad Proでは、PC向けのソフト、たとえばOfficeなんかを使う時には正直言って不便です。

特にExcelについては、Windowsとの互換性の問題も足を引っ張ります。

あとでも書きますが、外部入力はUSBも刺さらないですから拡張性も低いです。

 

ただ、iPad Proが勝っている部分ももちろんありまして、タブレットモードにしなくてもフリック入力が使えますし、キーボードを外してタブレットとして使用したときの操作性ではこちらが勝ります。

また、AppStoreがあることによるアプリケーションの多さは大きな魅力ですね。

 

一方、Windows10を搭載するSurfaceは「タブレットとしても使えるPC」です。

タッチパネルがあるのでタブレットとしての操作もできますが、画面表示はあくまでPC。

設定にもよりますが表示されるアプリケーションのアイコンがiPad Proと比して小さいことをはじめ、タブレットとしての操作性ではどうしても劣ります。

 

ただ、PCとして使うならばこちらのほうが圧倒的に優秀。

カスタマイズした場合のスペックの高さ、USBが刺さることによる外部拡張の余地、Officeの標準搭載など、iPad Proにはない長所をたくさん持っています。

なので、利用用途によって選び方を変えるのが得策です。

選び方については最後に詳しく解説していますので、そちらを見てくださいね。

 

SurfaceとiPad ProのOfficeソフトについて

上にも書いた通りSurfaceシリーズの端末には、MicrosoftのOfficeシリーズが無料で搭載されているんです。

iPad向けのOfficeのライセンスを買おうと思ったら6000円以上するので、その分がまるまるお得になりますね。

これはでかい!

 

SurfaceとiPad Proのハード面の違い

ソフト面の違いを説明したところで、次にハード面の説明をしていきましょう。

なお、Surfaceは、Surface Pro、Surface LapTop、Surface Book、そして新発売のSurface Goと多くの種類がありますが、ここではSurface ProとSurface Goを取り上げます。

というのも、Surface LapTopとSurface Bookは形状が完全にノートパソコン。

キーボードつきで使うことが前提の構造なので、比較対象からは除外します。

 

では、いってみましょう!

 

SurfaceとiPad Pro、CPUとメモリの違い

タブレットの性能を大きく左右するのがCPUとメモリ。

HDDの容量も含めて表にまとめたので、これでチェックしてください。

CPU メモリ HDD
Surface Pro Intel Core m3、Core i5、Core i7から選択 4GB、8GB、16GBから選択 128GB、256GB、512GB、1TBから選択(いずれもSSD)
Surface Go Inter Pentium 4GB、8GBから選択 64GB(eMMC)、128GB(SSD)から選択
iPad Pro AX10 Fusionチップ 非公開(4GBとのうわさ) 256GB、512GBから選択

 

一応わからない方のために用語を解説しておきますね。

CPU&メモリの用語解説

Inter製のCPU

Inter Core m3→主に安価なネットブックなどに利用されるCPU。性能は低~中。

Inter Core i5→Interで最も標準的なCPU。ビジネスユースなら十分快適。性能は中。

Inter Core i7→InterのCPUで最も高性能。ゲーミングPCにも使われる。性能は高。

Inter Pentium→主にタブレットPCなどモバイル端末に使用される。性能は低。

 

Apple製のCPU

A10 Fusionチップ→iPhone7、iPhone7Plusに搭載されているチップ。性能不明。

 

メモリの用語

SSD→ソリッドステートドライブ。読み出しは十分早い。

eMMC→エンベディッドマルチメディアカード。読み出しはSSDとほぼ等速。

 

Apple製品は非公開の部分が多いので、あまり比較がしにくいのですが、カタログスペックではSurfaceのほうが選択肢が多く、高性能な傾向がありますね。

iOSの動作がとても速いのであまり気にならない部分はありますが、イラストやデザインなど、メモリを食う作業を行うならSurfaceのほうが動作は安定するでしょう。

 

新発売のSurface Goはカタログスペックの面では微妙。価格が約7万円からとほかに比べて激安なので、その点は仕方ないですね。

 

SurfceとiPad Pro、モニターサイズ&重量の違い

つぎに、モニターサイズについてみていきましょう。

重量も併記しておきますね。

 

モニターサイズ 重量
Surface Pro 12.3インチ 768g~782g
Surface Go 10インチ 522g
iPad Pro 12.9インチ、10.5インチ 469g~477g(10.5インチ)
677~692g(12.9インチ)

※重量はキーボード含まず

 

Surface Goが登場したことによって、SurfaceもiPadも、ほぼ同サイズのモニタサイズから好きなほうを選べるという形になりました。

イラストやデザインなど、細かい作業にも使いたいのなら大きなサイズを選んでおくのが賢明なような気がします。

 

重量は、同サイズならiPad Proのほうに分がありますね。

ディスプレイの厚さもiPad Proのほうが薄いので、ポータブル性ならiPad Proの勝利は間違いありません。

なお、同一モデルでも重量に幅があるのは、性能による差があるからです。といってもあまり大きな違いではありませんが。

 

SurfaceとiPad Pro、バッテリーの違い

端末を長く使う上でバッテリーは超重要な要素。

メーカー発表の数値で比較してみましょう。

バッテリーの持ち
Surface Pro 動画再生最大12時間(nanoSIMが刺さるモデル)
動画再生13時間(Wi-Fiモデル)
Surface Go 動画再生最大9時間
iPad Pro 動画再生最大10時間

 

バッテリー面では厚みや重量のあるSurface Proに軍配が上がります。

ちなみに僕の体感では、Surface Proの電池は耐久性もGood!

 

バッテリーを気にするならSurface Pro一択ですね。

 

SurfaceとiPad Pro、キーボードの違い

これ、結構好みにはなってしまうんですが、純正品キーボードの違いも書いておきたいと思います。

キーピッチ 打鍵感 使用方法
Surface Pro
純正キーボード
狭い 弱め 本体とくっつける
iPad Pro
Smart Keyboard
広い しっかり 本体とくっつける
iPad Pro
Magic Keyboard
中間 中間 Bluetooth

 

純正は高いですが、Magic Keyboardがむっちゃいいです。

本体から話して使えるので作業効率は鬼アップですし、MacBookのキーボードに慣れているならもうこれじゃないと使えないレベルなんですよ。

欠点は高いことだけですね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,500
(2018/07/16 02:32:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

SurfaceとiPad Pro、外部入力の違い

マシンの拡張性を大きく作用する外部入力。

実はこれにも大きな違いがあるんです。

表で見ていきましょう。

外部入力端子
Surface Pro フルサイズ USB 3.0 端子 x 1
microSD™ カード スロットSurface Connect
3.5mm ヘッドセット ジャック
Mini DisplayPort
カバー用端子
Surface Go USB-C x 1
3.5 mm ヘッドフォン ジャック
Surface Connect ポート x 1
Surface タイプ カバー ポート
MicroSDXC カード リーダー
iPad Pro Lightningコネクタ
3.5 mm ヘッドフォン ジャック

 

見てのとおりですが、Surfaceシリーズに軍配です。

種類は限られますが、カードリーダーもついているし、USBも刺さる。

カメラなど、外部からのデータの取り込みをはじめとして、できることが大幅に広がるんです。

おまけにSurface Proならミニディスプレイポートもついていて、プロジェクターに映像を映すこともできるわけ。

ここまできちゃうと、もうノートパソコンと同等ですね。

 

一応iPad Proでも外部入力ができないわけではないのですが……Lightningからの変換用コネクタを買う必要がある(しかも結構高い)ので、余計な出費がつきまといます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥5,349
(2018/07/16 02:32:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

SurfaceとiPad Pro、見逃せないその他の違い

その他の違い……と書きましたが、どういうことかというと、自立するかどうかです。

Surfaceシリーズは自立するのに対し、iPad Proは自立しないのでスタンドを買う必要があります。

ただし、Smart Keyboardを買えばiPad Proでも自立します。Smart Keyboardを買った人はスタンドは不要ですね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥16,800
(2018/07/16 02:32:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

スタンドは2000円~5000円程度で売られています。

SmartKeyboardを使うなら確かにスタンドはなくてもよいのですが、動画再生の快適性がグーンとアップするので、長時間動画を見たりするのであれば買っておいて損はないですよ。

個人的なおすすめへのリンクも張っておきます。

 

SurfaceとiPad Pro、用途別おすすめ端末

電子書籍リーダーとして

これには迷わずiPad Proをおすすめします。

iPad ProはiOS端末であるため、多くの電子書籍リーダーアプリを利用可能です。

 

リーダーアプリはタブレット向けのもののほうが充実していて操作性もよいので、

電子書籍を読むなら、iPad Proのほうが利便性は高いでしょう。

 

重さという面でも、iPad Proに軍配が上がります。

電子書籍リーダーは手にもって使うことが多いので、やっぱり軽いほうがいいですよね。

 

ただ、700gくらいの重さはあるので、電子書籍リーダーとしてはやっぱり重いかも。

電子書籍リーダーとしての使用をメインに考えるのであれば、スタンドを購入するかノーマルのiPad、あるいはiPad mini、特化してしまうのであればKindleの専用端末など、もっと軽量の別端末を選ぶことを考えてもいいでしょう。

 

仕事用端末として

ビジネス用途なら間違いなくSurfaceのほうがいいです。

なんといってもOfficeの標準搭載がデカすぎる。

上にも書いた通り、Officeライセンス料金、6000円が浮くのはやはり大きいです。

 

また、上でもふれたようにiPad ProではLightningコネクタに対応しているケーブルしか刺さりませんが、SurfaceではUSBが利用可能。

外部入力が使えるのは大きなアドバンテージです。

 

イラストやデザインなど、クリエイティブな作業用に

イラストやデザインはCPUやメモリに負担をかける作業が多め。

なので、性能に勝るSurface、それもSurface Proを優先するのがよいでしょう。

あとは、すでにPCで使い慣れているソフトがある場合でも、Surface一択となるでしょう。

お手持ちのソフトがそのまま使えます。

 

ただイラストに関してはiPad Proでもかなり快適な動作をするので、個人のフィーリングによって決めるのもアリ。

なお、それぞれ専用のペンがあるので、イラストを描くなら必ずお手元に置いてください。

created by Rinker
マイクロソフト
¥9,665
(2018/07/16 02:32:19時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥10,980
(2018/07/16 02:32:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

普段使い用に

一番難しいのが、普段使い用途での選び方。

ここは原点に立ち返ってみましょう。

 

何度も書いていますが、

iPad Proは、「タブレット」。

Surfaceは、「PC」。

 

もしあなたがすでにノートPCを持っているなら迷わずiPad Proです。

一方、あなたがノートPCを持っていないのなら、Surfaceを選ぶべきでしょう。

 

ちなみになのですが、SurfaceもiPad Proも、電車の中などで膝の上にのせて作業をするには向きません。(膝の上ではうまく自立してくれないのです……)

電車移動が多く、その際にも作業がしたい!という方は、2in1端末をあきらめて、素直にMac Book Airや、Surface Bookを選んだほうがいいでしょう。

安い買い物ではないですから、後悔のないようにしてくださいね。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥84,980
(2018/07/16 02:32:13時点 Amazon調べ-詳細)